WORKS仕事を知る[鉄鋼業界に関わる業務]

ここでは、グループの主要業務である鉄鋼業界に関わる仕事について
各業務ごとに携わる社員のインタビューをご紹介します。

■■■ 01 SALES
営業

「鉄」を通して社会貢献し、
お客様の満足度を向上 、
業績アップの一翼を目標に

入社後半年間の工場研修を経て、営業職に配属されました。

新規開拓というよりは、お客様から鉄スクラップを仕入れたり販売したりするのが主な役割です。
日々の頑張りが「数字」という目に見える結果として現れやすく、
交渉などがスムーズにいったり、お客様のニーズに応えられた時に達成感があります。

その結果に向けて、日々 お客様との信頼関係を築くことを大切にしています。
例えば、電話だけのやり取りで済まさず、現地まで足を運んで、
品質条件・数量・仕様に合っているかなどをしっかり確認し、検収を入念にするよう気をつけています。

他社との価格競争になる場合もあり、敏感に反応できるようアンテナを張って対応しています。

子供の頃は野球少年で、学生時代は法学部に在籍していました。
畑違いのこの会社にエントリーしたきっかけは合同説明会でした。
いくつかの企業の中からこの会社に決めた理由は、面接の際に社長と現在の上司に会い、
「この人たちと働きたい」と思ったからです。

入社当初は、環境・リサイクルという観点から重要な分野だと分かっていましたが、
知識もなく、経験して覚えることも多かったので、 先輩社員からの説明をこまめにメモしていたことを思い出します。

1日の流れは出勤後の清掃から始まります。
事務処理などを済ませたら、営業に出かけます。

月に一度、全工場の営業社員が本社に集まり、前月結果や当月予定などを報告し、
会議では重要なテーマについて議論したりもします。
時には場を和ます話題も交えながら、活発に意見を出し合っています。

「鉄」を通して社会貢献し、お客様の満足度を向上できるよう取り組んで行くとともに、
業績アップの一翼を担う存在となることを目標としています。

株式会社山陽 3年目

■■■ 02 FIELD WORKERS
リサイクルスタッフ

安全知識を若い世代に継承し、
楽しく仕事することが
製品クオリティにつながっています

リサイクル業務に関わるスタッフは入社し数ヶ月の者もいれば、30年を超えるベテランの者もおり、
定期的にローテーションで持ち場を代えながら、作業にあたっています。

入ったばかりの頃は資格を持たないため、重機に乗れないですが、
先輩の横につきマンツーマンでひとつひとつを覚えていきながら、資格を取得していき、概ね3〜4年で独り立ちします。
特に大事なポジションには技量の優れたスタッフを配置しています。

仕事内容は、トラックで運び込まれた積荷をクレーンで荷台から決められた場所に降ろし、
金属ごと・品目ごとに分別、それぞれをメーカーに出荷できる規格に合わせるなどの準備をします。

加西工場では大型のギロチンシャーを2台取り揃えていますが、 それでも切れない硬い鉄は、ガスで溶かして切断しています。
資格を習得した ガス溶接技能者・アーク溶接作業者 が安全に留意しながら行っています。

その他、5t以上の荷を吊りあげる天井クレーンのような特殊な機器には天井クレーン運転士、
工場内・依頼先作業現場などの大型の積荷作業を行う移動式クレーン運転士、ホイスト用、
またクレーンなどに物を掛け外しする玉掛作業者、
フォークリフトを運転するフォークリフト運転者、
重機を操作する各種免許・資格取得者がおり、それぞれの業務を行っています。
(各自、費用は全額会社負担により複数の資格を取得。)

日々の中で一番難しいことは、 なんといっても 慣れ・油断による事故を招かないよう安全に作業することです。

勤務年数の長い社員はそれだけ安全に対しての様々な知識をもっているため、
下の世代に積極的に受け継ぐようにしたり、
手の空いたスタッフが率先して工場内の清掃を引き受けたりして
怪我なく安全に、そして早く丁寧な仕事ができるように取り組んでいます。

割合は少ないですが、リサイクルスタッフの中には女性スタッフも在籍しています。
ベルトコンベアのようなものを使って運ばれてくる荒分けされたスクラップを、 さらに細かく分けていく仕事をしています。
同じ学校の先輩が通っていたことや、 学校の先生も勧めてくださったことが縁でした。

現場の雰囲気はとても良く、楽しくやるのをモットーにしながら、
メーカーにきちんとした製品を納めることを大事にしています。

やる気のある人、元気な人、少しくらいやんちゃでも素直な人、 わからないことがあったらどんどん聞く探求心のある人、
ぜひ、一緒に働きましょう!

有限会社加西山陽 32年目

■■■ 03 OFFICE FIELD
計量事務

丁寧な指導・明るい職場の雰囲気で
やりがいや充実感を持って働く

計量・営業事務の仕事は、鉄スクラップ売買の伝票入力や事務処理が主です。

工場(姫路2工場・加西・三木・八鹿)には、関西一円に加え岡山方面からも広く回収物が搬入されています。
製造工場で発生するダライ粉・新断・ポンチ屑や、解体工事で発生する鉄骨・鉄筋、 自動車解体品やその他の非鉄金属スクラップなどが、大型トラックに乗せられ集まってきます。

入構した車輌は荷を積んだまま事務所前に設置されたトラックスケールに進み、重量を測定。
1回目の測定が終了すると、トラックは工場の方へ移動し、指定場所に積荷を降ろします。
工場スタッフと連携を取りながら、内容物を把握します。

積荷を降ろした空のトラックは、再度事務所前のスケールにて2度目の重量測定を行います。
スケールに紐づいたシステムにて荷降ろし前後の重量を比較し、測定結果を算出。 詳細を打ち込み、伝票を発行します。
トラック運転手の方に伝票をお渡しし、一連の流れが完了します。

入社して間がないので現在研修期間中で、先輩社員に教えてもらいながら伝票処理業務を覚えています。
最初は聞いたことのない単語ばかりで戸惑いましたが、
丁寧な指導・明るい職場の雰囲気のおかげで、落ち着いて仕事をこなせるようになりました。

今後は、一般の事務的な仕事や営業のサポートも並行しながら学んでいく予定です。

学生の頃に学んだ商業科目(電卓やパソコンの知識)が活かせる職場だと思います。
またそのころに思い描いていた通り、やりがいや充実感を持って働くと同時に、 プライベートも充実できています。
事務職を希望している求職者の方にはぴったりの仕事だと思います。

ゆくゆくはベテラン社員が行なっているような、資料作成や仕入・売上・在庫・顧客などの管理業務、
電話対応などをこなせるようにしていきたいです。

株式会社山陽 4ヶ月目

■■■ 04 ACCOUNTANT
経理

明るく、笑顔で、丁寧に
若いからこそのエネルギーを
発揮してください

本社 経理部門では、店舗の売り上げ伝票入力をはじめ、
決算業務、勤怠管理、給与計算、現金管理、領収書の整理、各種書類の作成、届出の準備など、
様々な経理業務・労務管理を行なっています。

確実に数字を合わせるなどの正確性や責任感、
秘密保持などに対する誠実さや心配りが必要な要素だと感じています。

また、グループ全体の窓口業務を担っていることから、会社の印象を決める重要な部署となっています。

仕事に必要なスキル・資格を聞かれたら、簿記などの事務処理スキルもさることながら、
コミュニケーションスキルも重要だと答えています。
明るく、笑顔で、丁寧に対応することを心がけています。

今では新人教育も一つの仕事となる立場ですが、 まだ新人だった頃、大失敗したエピソードがあります。

誤って上司の書類を破棄してしまったことがあり、大変なことをしてしまったとお詫びしたところ、
一切嫌な顔をせず「大丈夫!」とかばってもらったことがありました。
その上司は忙しく、再度作成する大変さは分かっていたので、
その対応に心が救われ温かい気持ちになったことを今でも覚えています。

先輩社員はそれぞれの失敗や体験から、どのように対処すれば良いのかをたくさん学んでいます。
新入社員に対しては皆 自分の経験を交えてイメージを伝わりやすく工夫しながら説明するなどして
フォローするようにしています。

これから入社される学生の方には、
若いからこそのエネルギーで、会社に元気さや明るさをもたらす存在になっていただくことを期待しています。

株式会社山陽 7年目

ENTRY
採用情報一覧はこちら